ちょうど寒くなる季節には風俗で

私が編み物を始めたのは子供が生まれたのがきっかけです。

風俗を利用している男性に関して、滋賀風俗を知り尽くした元風俗店オーナーが風俗嬢の裏話を・・・

子供のために何かしてあげたいと思い、ちょうど寒くなる季節に向かっていく頃だったので編み物で着る物を作ってあげようと始めました。

私が始めたのはかぎ針編みです。棒針編みは以前もやっていたのですが、かぎ針編みはうまくできなくてその時諦めていました。

でも子供のためになるとなんでもできるんですね。

最初は難しくて何度もやり直しましたが、今では難しい編み方もできるようになりました。

子供のために作ったものはベビーシューズ、毛糸の帽子、ベストなどを作りました。

子供のためを思うととても楽しくて、次々に作りたくなってしまいます。

まだ着れるサイズでもないのですが将来着せたいなと思い今から作っています。

コツコツ編んでいくという作業もとても楽しいです。

最初は何を編んでいるかよくわからないけど、編んでいくうちに形が見えてきてますます編みこんでいくのが楽しくなってきます。

完成した時は達成感があって、それを求めてまた別のものを編みたくなります。

今では自分の子供のためだけでなく、他の子供の分まで作りたくなります。

私の子供は男の子なので正直、作るアイテムが少ないです。

ですが女の子用のアイテムはいろいろあるので、完成の写真を見たりすると、「いいなあ、女の子がいたらもっといろいろ作れるのにな」と無いものねだりしています。

最近は自分用に作ったりもしています。

私は正直なところ飽き性なのですが、今も続けられているので、とりあえず飽きるまでやり続けたいと思います。

これも一つのスキルとして、他に何かの役に立てれたらいいなとも思います。